<< 写真集『LUNACY 黒服限定 GIG〜the Holy Night〜』発売記念イベント RYUICHIスペシャルトークショー | main | 2012年が明けました。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

KODA KUMI LIVE TOUR 2011 〜Dejavu〜 in パシフィコ横浜

 まだライブ終了から数時間・・・
興奮が醒めません。

やっぱ、くぅちゃんのライブは楽しい!

ライブ開始早々、ステージ上に一人現れたくぅちゃん。
今回のライブツアーにかけた思いを語り始めた。

本来なら3月末から始まるはずだった今回のツアー。
東日本大震災の発生によってツアーじたいをやめようかと思ったそうだ。
(実際、被災地での公演は延期になったり中止になったりしている)
確か所属事務所のavexは
全てのアーティストのイベント・発売物を延期、または中止にしたんだよ。

でも被災者に励まされて今回の公演の開催に至った、という経緯を話してくれた。

でも勇気がいったと思うよ。
ライブ開始前にこのような深刻な話をするのは。
どんなアーティストだってライブはテンションを最高値に持っていってから
始めたいはず。
ライブ前に冷静に震災の話をして
テンションを沸点まで持っていく、という時間がかかるようなことは
誰だって難しいはずなのに。
僕はそんなくぅちゃんに惚れてよかったよ。


Prologue to DejavuからのPOP DIVAという僕の大好きな流れから始まったライブ。
高いところが苦手なくぅちゃん。
1曲目からステージ上を飛び回ります。
3曲目のLollipopでは会場から4人選抜されて
(ツアーグッズのキャンディーを買った人の中から選ばれたらしい)
ステージに上がらされ、くぅちゃんに好き放題されてしまう、
いわゆる生贄状態。
羨ますぃ・・・
バラードコーナー1曲目は『あなただけが』
この時のドレスがスンゴイ綺麗で僕好み!
ウエスト部分のフリルがたまらない!
『0時前のツンデレラ』からの『好きで、好きで、好きで』の流れは
ヤバ過ぎでしょう。泣けるわマジで。
この2曲の主人公には幸せになってほしいもの。
むしろ僕が幸せにしたいもの。
という婚活中のHIROYASSです。

あと震災を経験した後に聴く『walk』
震災後にステージから伝えられる『walk』は
今までとは違うね。
救われるね。
感動で鳥肌が立ったもの。

《 歩き続ける 唄い続ける
  辛い現実が そこに待っていても
  必ず行くよ キミはきっと
  キズつきながら そして
  悲しみながら 喜びながら
  進むべき道は ひとつだから 》

あ、ヤベェ。
書いてて涙が出てきた。

あとね、アルバム聴いた時から気になってた
『Melting』のダンス、
カワユス!

アンコールは『BE MY BABY』から。
やっぱアガるよねぇ。
『め組のひと』では
みんなでめ!!を会場全体でやっちゃいました。

震災直後、
ツアーが延期になってやることが無くなったくぅちゃんは
家で歌作りに入ったそうです。
そこで震災への想いから
『You are not alone』という歌を産み出し
ツアー初日から歌い続けているそうです。
元気をもらえるこの歌を
いまだに苦しんでいる方々に届けたいなぁ・・・。

最後は盛り上がる『Lick Me』で終了。
また元気なくぅちゃんに会いたいな。

あ、
くぅちゃんがツアーのアンケートで
間違いが多いって言ってたぞ。
「くぅちゃんは私の神ですっ」
とか言いながら
『こうだくみ』の漢字を間違える、ってね。

僕?
当然書けるよ。

《 倖田來未 》

え?
PCの変換機能を使ったんだろうって?
いやいやいや!
ちゃんと書けるってばよ!
HIROYASS * 感動した!! * 04:15 * comments(0) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 04:15 * - * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ